社会人が留学するのに悩むのが自分の年齢、場所・留学国、留学費用、留学期間

このまま一生平凡な仕事をして中途半端に終わっていくの?
もう今のままじゃイヤ!変わりたい!だから留学したい!

そう思うあなたは素晴らしい感性の持ち主です。
大抵の人間は、普通の人生を過ごして、普通に終わっていきます。

変わるために留学を選ぶのは、最高に良い選択です。

とにかく変わるために留学したい!という方が
まず悩むのが自分の年齢、場所・留学国、留学費用、留学期間です。

自分の年齢

自分の年齢は大丈夫なのか、と考えてる方、
20代後半、もしくは30代でしょうか。

はっきり言って、関係ありません。
自分が今留学したい、海外に行きたいと思って経済的にも問題ないなら、
それが行き時だと思います。

留学時の年齢に関するよくある質問をまとめてみました。
30代独身女子社会人が留学の年齢に悩む よくある質問23個まとめ

場所・留学国

その次に場所・留学国です。
アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ハワイ、ニュージーランド、フィリピン。

留学先はたくさんの国があります。
社会人から留学するときには、一体どこの場所が良いのか。

留学費用

そして最後に留学費用。
掛かる費用は、学費、家賃、遊び代、この3種類です。

例えばニューヨークを例に取ります。

学費は、1週間250ドル~600ドル、1ヶ月1,000ドル~2,400ドル。
家賃は、1ヶ月500ドル~1,000ドル。
遊び代は、1ヶ月500ドル~1,000ドル。

上記3種類、最低額1ヶ月分を合計すると、1,000+500+500=2,000ドル。
1ドル100円として計算すると、1ヶ月20万円
留学1ヶ月で約20万円掛かる計算になります。
これに飛行機往復代が入ってきます。

いかがでしょうか。

これはあくまで例であり、最低額の計算なので、
実際はもう少し、25万円くらいを頭に入れておいた方が良いと思います。

留学期間

最後に期間。

ハワイとカナダとアメリカ本土へ
留学したことのある私から言わせて頂きますと、
最低半年は行ってください。

短期留学と言って、1週間、2週間、1ヶ月の留学もありますが、
全くの無意味に終わります。

考えてみてください。

何も知らない新しい土地や国に行って、
見るもの全てが目新しいものばかり。
観光地などもいっぱいある。

遊ばないわけないでしょう。

遊びで1ヶ月、2ヶ月が終わるなんてザラです。
短期留学で留学しに行ってるのに、遊びで終わっちゃう。
こういう人たくさん居ます。

ですので、初めから最初の1ヶ月や2ヶ月は
遊び期間と割りきりましょう。

それからが勝負です。

留学先では一切日本人と接触しないこと

あと最後にですね、肝心なことを。
留学したあとの話しになりますが、
留学した先では日本人と接触するのは一切やめましょう。

一言も日本語をしゃべらないつもりで。

私は最初カナダへ留学しましたが、
ここで日本人と友達になってしまったのが大失敗。

日本人グループで固まってしまい、
そのぬるま湯に浸かり過ぎたせいで
全然留学の意味がありませんでした。

私が社会人から本格的に英語を身につけられたのは、
2回目に留学したアメリカ本土のオレゴン州にいたときです。

前回のカナダ留学失敗の経験に基づき、
自分の中で決めたことがあります。

それは一切日本人と接触しないこと。

おかげでバッチリ英語が身につきました。
友達も出来ましたし、
同じ志を持った日本人とも友達になりました。

その日本人とは現地では一言も日本語で会話しませんでした。

まだ先の話しになると思いますが、
留学先では一切日本語を使わないこと!

とりあえずまとめ

では期間を半年と設定した場合の、費用を算出してみましょう。
先ほど、留学費用は1ヶ月約20万円と出しました。

半年であれば6ヶ月、6×20万円=120万円
はい、出ました。

留学するためには、
少なくとも120万円掛かると思っていてください。

何かを始めるのに遅すぎるということはありません。
やりたい!と思った時が、その時なんです。

少しは留学の実情が判って頂けましたでしょうか。